ぜひ読んで頂きたい板金塗装店の秘密

お客様を後悔させたくないから...

【高品質と低価格のバランスが命】 〜その修理方法で本当に平気ですか?〜

傷へこみの修理方法、修理に使う材料、修理する設備、修理する人は当然ながら工場によって様々です。


当たり前の話ですが、そのどこかを省略すれば工賃を下げる事は簡単。しかし、本当にそれで大丈夫なのでしょうか・・・。


最近街中やインターネットで激安修理を前面に出した修理工場の広告を良く目にします。一般のお客様からすれば「安く、キレイに直せるなら・・・」とオーダーする方も居るようですが、私達のような板金塗装を行っている職人から見れば絶対に不可能な料金設定とあ まりにも早い修理期間など目を疑うような広告ばかりです。  その風潮を現すかのように激安板金塗装店の増加と平行して増え続けている私達の仕事。それは一度修理した箇所の再補修のご依頼です。


これが何を意味するかはもうお分かりですね。 そうです。「激安店による手抜き修理」の横行で


「完璧でなくても良いからパッと見た目がきれいに直れば良い。」 そんな気持ちで気軽にオーダーしたのが最後。 半年も経てば補修跡がくっきりと浮き出て来て見るも無残な姿に・・・ お店にクレームを言っても「安く直したからしょうがない」と聞いてもらえず 、泣く泣く2倍の料金を払っての再補修をするはめに・・・。


このようなトラブルが日常的に起こっているのです。


激安板金塗装店にて修理後、約1年でこの姿に・・・


私達はこのような現状をクルマに携わる業界人として、絶対に許せません。このままでは板金塗装店のイメージは悪くなるばかりです。また板金塗装という仕事を自分の子供達や社会にとって誇れる仕事でありたい。
だからこそ・・・お客様に修理工場を選ぶ目を見に付けて欲しいのです。

激安店の塗装

ここで皆様に訴えたいのは、どうしても弊社へご依頼を頂きたい!という事ではありません。 弊社以外にも他にも素晴らしい工場は沢山御座います。


しかし、何かのご縁でお客様と出逢わせて頂いた私の使命として、ぜひ下記の事を修理工場を選ぶ条件として覚えていて欲しいのです。そして後悔しない修理を行って頂きたい。私は心からそう願うのです。


下記は長年の私の経験から「安心して任せられる修理工場の条件」を6つにまとめたものです。ぜひプリントアウトし、お選びになった修理工場を選ぶ際の参考にしてみてください。

安心して任せられる修理工場の条件

最後に。


私達の目指す修理の品質はディーラー様同等基準、もしくはそれ以上が原則です。 また修理料金に関しましても国産ディーラー様を基準に約2~3割、輸入車ディーラー様を基準に約3割(場合によっては5割)ほど安い価格を目指しております。


工賃を安くできる理由

逆にそれ以上安い料金での修理は修理品質の悪化を招きかねませんので行っておりません。ご理解の程宜しくお願い致します。


もちろん、代車・納車・引取りは無料でさせて頂きます。修理箇所につきましても永久保障とさせて頂きます。(修理プランによっては保障対象外有り)


以上長文、乱文お許し下さい。


小さな会社ではありますが、本物の職人と最新の設備を備える店でござます。一生懸命頑張らせて頂きますのでどうぞ宜しくお願い致します。

代表者からの挨拶

みなさん始めまして。クルマの窓口「クルマド」代表の佐々木裕一と申します。

この度は弊社のホームページをご覧頂き誠にありがとうございます。

弊社はディーラー様より安く、町の修理工場より入りやすく、量販店より上手くをモットーに車のキズヘコミ修理・板金塗装を行っております。 また当社をご利用いただいているお客様のうち約6割が女性のお客様というのも自慢の一つです。

ここで少しだけ私個人のお話をさせて下さい。

私がこの自動車修理業界に入ったのは16歳の時でした。

たまたま近くにあった整備工場にアルバイトで入り、高校卒業と共に就職。寝る間も惜しんで技術を習得し、小さなプレハブを借りて22歳で独立。初めは3名でスタートした会社も今では10名へと成長し工場の敷地も600坪に拡大致しました。

私は(私達は)クルマが大好きです。だからこの職業を選びました。それと同時に、この志事でお客様を笑顔に出来る事を誇りに感じています。

代表

「やっぱりクルマドさんに頼んで良かった!また何かあったらヨロシクね!」


この言葉を聞きたいから私は(私達は)今ここに立っています。そしてこの想いは一生忘れることの無い、私達の働く目的でもあるのです。


ディーラーさんのような大企業では無いけれど、その代わり私達にしか出来ない「お客様目線のサービス」がクルマドにある。そう確信しております。


国土交通省認証工場 「クルマの窓口」クルマド

千葉県鎌ヶ谷市初富 178-2

代表取締役  佐々木裕一